ママ活と姉活の違いを解説!向いている男性のタイプや相場を紹介

パパ活
「ママ活と姉活に興味があるけれど、違いってなんだろう?」
「自分にはママ活と姉活どっちが向いているのかな?」
「ママ活と姉活の違いを知って、お小遣い稼ぎをすぐに始めたい」
上記のようにお考えの男性に向けて、ママ活と姉活の違いについて調査しました。
ママ活も姉活も年上の女性とデートしてお小遣いを稼ぐことができるので、大学生を中心に年上好きの男性に大人気の活動です。
ママ活と姉活は一見同じように思われがちですが、実は微妙な違いがあります。
この記事では、ママ活と姉活に向いている男性の特徴もそれぞれ解説しています。
記事を読めばママ活と姉活の違いがわかり、あなたに向いている活動を選ぶことでスムーズにお小遣い稼ぎを始めることができます。ぜひ、最後まで読んでみてください。
ママ活と姉活の違い
ママ活と姉活は、活動している女性の年代とお小遣いに大きな違いがあります。
ママ活の方がたくさんお小遣いを稼ぐことができますが男性に求められるスペックの難易度は高く、姉活はママ活ほど稼ぐことはできませんがカジュアルな姉弟のような関係を求められるので気軽に活動できます。
つまり、姉活はママ活の初級編と言えるでしょう。
下記で、細かい違いを交えながら各項目に分けて解説します。
女性の年齢層
まずは活動している女性の年齢層を見ていきましょう。

ママ活
30代から50代が中心

姉活動
20代から30代が中心

ママ活をしている女性の年齢層は、30代から50代が中心です。
キャリアウーマンのママであれば仕事が忙しい分お金に余裕があり、年齢が上がるほど多くの資産を持っている年代です。
専業主婦であれば旦那さんとのセックスレスやママ友の人間関係に悩みやすく、フリーの頃のように一人の女性として扱われたいという願望が強く出てくる年代だと言えるでしょう。
ママ活男子との年の差は親子ほど離れているのが特

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました