ガールズバーの法律は?知らなきゃマズイ風営法と営業時間

キャバクラ・ガールズバー
キャバクラやスナックの夜のお仕事は、実は「風営法」という法律の下で管理されています。
「ガールズバーを始めようと思っているけど、風営法を知らない…」
「ガールズバーにも風営法が適用されるの?」
「法律違反してしまう前に、勉強しておきたい!」
そんなあなたに忠告。
「風営法」は、夜のお仕事をする上で必ず知っておいたほうがいい法律です!
とくに、経営しようとしている人は「知らなかった…」では後からトラブルになるかもしれません。


「風営法」はどんな法律なのか?
ガールズバーとキャバクラの法律の違い
「風営法」からみるガールズバーとキャバクラの仕事内容や接客の違い
ナイトワークするなら絶対に知っておくべき注意点


今回は、「風営法」についてわかりやすく徹底解説します!


キャバクラやガールズバーを経営したい人、働いている女の子は、最後まで必読ですっ!

風営法ってどんな法律?
 
風営法の正式の名前は、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」
長すぎるので覚えられませんよね。(笑)
短くして「風営法」と呼ばれています。
風営法は、風俗店にあたるキャバクラやスナック、ホストなどの「お客さんを接待する夜のお仕事」を安全に取り締まるために定められた法律。
営業時間や仕事内容を取締り、未成年の立ち入りを禁止し、風俗営業を健全化するようにできたものです。
ガールズバーやキャバクラは法律上まったく違う

ガールズバーとキャバクラは同じような深夜バイトと思う人も多いですが、実は法律上は全く違うんです!
ガールズバーとキャバクラの法律の違いから、仕事内容や接客にも違いがでてきます。
深夜酒類提供飲食店であるガールズバー
深夜0時過ぎにも、お客さんにお酒をメインに提供

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました