パパ活でパパに「お金を返せ」と言われた!貰ったお金を返す義務はあるのか?

パパ活
パパ活をしているとパパから払ったお金を返せと言われることがあります。
場合によっては無視することもできますが、「被害届を出す!」「裁判を起こす!」と言われると、こちらに落ち度が無くても不安になります。
そこで今回はパパ活で返金を求められた時の対処方法や返済義務について解説します。
実際のところパパ活で受け取ったお金を返す義務はある?
基本的に返す必要はない
パパ活中のお金のやり取りは報酬には該当しない
売春行為に返金義務は無い
借りたものであれば返す必要がある
基本的に返す必要はない
パパ活は一般的な商業契約とは異なるため、パパから受け取ったお金を返金する義務は基本的にありません。
通常の商取引では契約を交わしてサービスや商品のやり取りをしますが、パパ活では女性側が提供するサービスや報酬額について厳密な契約書を作成することはなく、口約束が基本です。
相手は返金を要求するために必要な根拠となる契約書がないため、裁判所に訴えるようなことは難しいです。
もし、肉体関係を伴うようなパパ活をしていれば、それこそ返済義務はありません。
民法708条で不法行為による金銭の授受に関しては返済義務が無いと定めています。
お金を返すように主張するのは単純に男性のわがままでしかないので、強引な態度に押されてお金を渡さないように注意しましょう。
パパ活中のお金のやり取りは報酬には該当しない
そもそもパパ活は、建前上は自由恋愛の一種として扱われているため、そこで発生した金銭のやり取りはサービスに対する対価ではありません。
仕事に対する報酬ではなく、あくまで交際している男女間のお金の受け渡しになるので商取引とは全く性質が異なります。
契約を根拠に返金を迫ることはできません。
もしパパが渡したお金が対価であるとしたら、パパは相手の女性に対してどんなサービスを要求したことになるのでしょうか。
有料のデ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました