赤字キャストから人気キャバクラプロデューサーへ♡藤咲めいさんに学ぶキャバ嬢を活かしたセカンドキャリアの作り方!

https://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2023/01/image0.jpeg[pcImgEnd]https://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2023/01/image0.jpeg[spImgEnd]KEIYOグループのclub蓮でプロデューサーを務める藤咲めいさんがルラインマガジン初登場です♡
下積みキャバ嬢時代から、人気キャバ嬢に♡
そして郊外を中心に人気のキャバクラプロデューサーへと転身を遂げためいさん。
キャストさんからよく聞かれる質問も教えてくださいました!
これからキャバ嬢を頑張りたいと思っている女の子だけでなく、セカンドキャリアを考えているキャストさんの参考になるお話を聞いてきたのでぜひ最後まで読んでみてくださいね♡
ひたむきに努力を続けたキャスト時代♡
キャバクラで働き始めたきっかけは?
1番最初のキャバクラは地元の名古屋で学生をしていた時に始めました!
その後、大学卒業後に東京に上京して歌舞伎町のお店で働いてその後六本木のお店でも働きました♡
新人キャバ嬢時代に頃頑張っていたことはありますか?
錦のキャバクラ時代、「お客様が呼べるまでお休みして欲しい」と言われたことがあって…!
お客様が呼べずいわゆる赤字キャストだったので、お店から出勤調整をかけられたんですよね。
その時は、営業前や営業終わりにおじさんに「これから一緒にご飯どうですか?」って声を掛けて、ご飯を食べさせてもらいながら「私キャバクラで働いていて、明日同伴お願いできないですか?」ってお願いしたりもしてました。
この話をするとびっくりされるんですけど、当時は出勤するために自分が出来ることって考えたらその方法だと思って頑張りました(笑)
出勤さえできれば、フリーのお客様に着くチャンスもあるのでとにか

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました