既婚者が義理チョコをもらっても嬉しくない理由は?アンケート調査を実施

パパ活
恋愛マッチング情報サイト「PAPPY」を運営するPAPPY運営事務局は、20代~60代以上の男女を対象に、「バレンタインチョコに関する意識調査」についてインターネットによるアンケート調査を実施しました。
■調査概要
調査期間:2023年1月11日(水)~2023年1月13日(金)
調査機関:自社調査
調査対象:20~30代の女性 100人
     20~60代の男性 200人
調査方法:インターネットによる調査
 
Q1:既婚者にバレンタインチョコを渡したことがある?
Q2:既婚者が、義理チョコをもらうのは嬉しい?
Q3:既婚者が義理チョコをもらっても嬉しくない理由は?
 
■調査に至った経緯
海外発祥のバレンタインデーが日本で始まったのは1936年頃と言われています。
それ以降、「女の子が男の子に告白できる日」としてチョコレートメーカーがバレンタインデーを盛り上げ、「義理チョコ」文化が誕生し、今では「友チョコ」「自分チョコ」などにまで広がりをみせて市場規模は拡大しています。
昨今ではSNSにて発信される個人の意見を知る機会が大きく増えたことも手伝い、”バレンタインチョコレートを渡す側”、”バレンタイン貰う側”の多様な考えが見られるようになりました。
そこで今回調査を行ったのが、「既婚者への義理チョコ」についてです。
本来は、想いを寄せている相手に告白の意味を込めて渡すチョコレートであるはずなのに、既婚者と知っていながらもチョコを渡される側の心理を調査してみました。
 
■既婚者にバレンタインチョコを渡したことがある?
20~30代の女性100人に「既婚者にバレンタインチョコを渡したことがあるか」を聞いてみたところ、「ある」と回答した人は68%、「ない」と回答した人は32%という結果になりました。
約3人に1人の割合で、既婚者へバレンタイ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました