キャバクラの営業スタイル「オラオラ営業(オラ営)」とは?オラオラ営業のやり方とメリット・デメリット

https://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2023/01/shutterstock_2172491251.jpg[pcImgEnd]https://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2023/01/shutterstock_2172491251.jpg[spImgEnd]キャバクラの営業方法の1つに「オラオラ営業」というものがあります。どのような営業方法かご存知でしょうか。「オラオラ営業って聞いたことあるけど、具体的にどうすればいいのかわからない」という方のために今回は、「オラオラ営業の特徴やメリット・デメリット」についてピックアップします。
自分に合う営業方法か、これから取り入れていけそうかなどふまえてチェックしてみてください。
オラオラ営業とは?
そもそも「オラオラ営業(オラ営)」とはどんな営業手法なのでしょうか。
オラオラ営業は、お客様に対して強気な態度で接客し、「キャストが攻める」ような位置づけで接客することです。
オラオラ営業をする一番のメリットは、自分主導で物事を進められるので「一度はまれば安定的な収入を確保できる」ことです。誰にでも効果がある訳では無いので、オラオラ営業が通用するお客様は見極める必要がありますが、依存度が高いため、上手くいけば長期的な付き合いが期待できます。
女性の尻に敷かれるほうが居心地がいいと感じる人や、Mよりの性格をもつ人、弱気だったり、内気な人相手に効果的な接客方法といえるでしょう。しかし、その逆で女性には謙虚でいて欲しい人や、自分がリードしたい人にはうまくいきません。オラオラ営業は、他の接客方法以上に、お客様の好みをしっかり見極めるのが重要になります。
オラオラ営業に向いているキャバ嬢のタイプ
オラオラ営業に向いているキャバ嬢のタイプは、
&n

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました