キャバクラ寮のメリット・デメリットは?引っ越しの初期費用あれば自分で借り方がいい

キャバクラ・ガールズバー


キャバクラの求人を見ていると、たまに”寮完備・寮可”などの条件を見かけます。「寮があるなら上京できる・一般宅より安いならこんなに嬉しいことはない」そう思うでしょう。確かに初期費用がかからない分、お得に感じるかもしれません。しかし実際は勤務条件がついたり一般物件より高めだったりと、借りたことを後悔する場合もあるのです。今回はそんなキャバクラ寮のメリット・デメリットを詳しくご紹介していきましょう。

キャバクラ寮とは?部屋の雰囲気とどんな人が借りるのか

まずはキャバクラ寮がどうのようなものかを知っていきましょう。部屋の雰囲気はどうなのか・どんな人たちが住むのか・入居中に厳しい規則があるのかなど、ある程度の予備知識があれば、キャバクラ寮を契約するかどうかの判断もしやすくなります。

最初にお伝えするのは規則についてです。「”寮”って言うくらいだから制限がありそう」と感じるかもしれませんが、入居中の規則が厳しいキャバクラ寮はほぼありません。その多くは以下のような条件になるでしょう。

【多くのキャバクラ寮で見られる規則内容】

門限⇒なし外泊⇒OK同性の友人を家に招く⇒OK異性の友人・恋人を招く⇒NG食事提供⇒なし

また寮母さんや管理人のような、キャバクラ寮を管理してくれる人もいません。異性を招き入れるのだけはNGですが、それ以外は普通の1人暮らしとそう変わらないのです。

キャバクラ寮は基本、店舗が契約した普通のマンションの個室に住む

”会社の寮”と聞くと、団地のような借り切った物件を想像するかもしれません。しかしキャバクラ寮を利用するキャストはそう多いわけではないため、基本的にアパートやマンションの1室のみ借りているのが普通です。しかし中にはそうでない場合もあります。

【キャバクラ寮の形態】

1Kのワンルーム1軒家のシェ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました