キャバクラの花形業務「付け回し」とは|延長が取れるコツやキャストの優先順位の見分け方を伝授

キャバクラ・ガールズバー


店の売上を大きく左右する仕事といえば、黒服の花形業務「付け回し」です。売上以外にも、お客様のリピーター率・キャストへの口コミ・店の評判など、あらゆる面に影響するため失敗は許されません。ではどうすれば上手な付け回しができるのでしょうか。今回はキャバクラの最重要業務となる付け回しについて、延長が取れるコツやキャストの優先順位の見分け方を伝授していきましょう。

キャバクラで付け回しがいる意味とは?上手なら幹部へ昇進できる最重要業務

そもそも付け回しとは、お客様の席にキャストを「付け」たり、他のテーブルへと「回し」たりする仕事です。”お客様とキャストをマッチングさせる”と言うとわかりやすいでしょうか。

例えば付け回しが存在しないキャバクラがあったとします。その場合「今手が空いているキャストを順番につける」、こんな営業をすることになるでしょう。すると…

お客様のタイプではない子を連続して付けるハメになる盛り上がりにくいため延長して貰えないガールズドリンクが取れずキャストも売上が取れない満足度が低いお店と判断されるため再来店して頂けない

どう考えてもお店のプラスにはなりません。

付け回しはキャバクラに必要不可欠な存在であり、今後を左右する最重要業務なのです。だからこそ付け回しが上手にできれば、幹部への昇進・給与の昇給など、自身にとっても輝かしい未来が待っているでしょう。

優秀な付け回しになる条件3つ|いかに売上げに貢献できるかが重要

どうすれば幹部に昇進できるような優秀な付け回しができるのか。それはいかに売上に貢献できるかにかかっています。

「所詮は金か」なんて思ってはいけません。お客様の満足度・キャストのモチベーション・お店の評判、すべてが売上に直結するもの。数字(売上)はその結果に過ぎません。

そんなお店の売上に貢

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました