売れたいキャバ嬢は枕営業すべきでない!9割の男性が次回キャバクラに来なくなる理由とは

キャバクラ・ガールズバー


キャバ嬢として売上げをあげたい・地位を確立したい、そう思うなら枕営業はしてはいけません。枕営業は一見手っ取り早く売れる方法に見えるかもしれませんが、長い目で見ると大損する営業方法でしかないのです。今回は枕営業をすると売れるキャバ嬢になれない理由と、9割のお客様がキャバクラに来なくなる理由をご説明しましょう。

売れたいキャバ嬢は枕営業すべきでない!大半の男性はセックスがゴール

お客様がキャバクラに来店される理由は人それぞれです。

美しい女性と会話を楽しみたいどうせ飲むならキレイな人とがいい否定せず話を聞いてくれるそんな癒しが欲しい

このように下心なく、スマートに夜の遊びを嗜まれる紳士なお客様もいらっしゃいます。しかし残念ながら”あわよくば”と、下心を隠し持った男性がおられるのも事実です。

若くてキレイな子とワンナイトを楽しみたい溜まった性欲を発散させたいキャバ嬢の肩書きを持ったセフレが欲しい

むしろこんな考えを持たれている男性の方が多いでしょう。夜にお酒を飲む男女が集う”キャバクラ”という性質上、下心を持つことを悪だとは言いません。しかしその下心を利用した枕営業は、売れたいキャバ嬢にとって決してしてはいけない悪手なのです。

キャバ嬢とお客様では、枕営業に対する認識が違う

枕営業を許してしまうキャバ嬢は、きっとこう思うでしょう。「枕営業してでも売上げをあげたい」と。つまり枕営業を売上げへの”過程”と考えるのです。しかし男性からしてみれば違います。セックスすることがゴールなのです。

キャバ嬢⇒枕営業は売上げや指名を掴むための”過程”下心があるお客様⇒枕営業は目標達成の”ゴール”

この認識の差を理解しましょう。これを理解していないからこそ、枕営業をするキャバ嬢はすればするだけ売れないキャバ嬢へと成り下がります。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました