高校生(JK)のパパ活は違法じゃない?女子高生がパパ活で稼ぐ方法・本音!JKの相場やリスク

パパ活
お金が欲しいけれどもお小遣いは少ない、アルバイトも非効率。「短時間で稼げる」ならパパ活の方がいい。そう考えてパパ活に興味を持つ高校生も少なくありません。
実際のところ、高校生がパパ活するとどのくらい稼げるのか、どういったリスクがあるのか、そもそも違法じゃないのか?高校生でパパ活している女子の本音、気になるポイントについて確認していきましょう。
高校生のパパ活は違法じゃないの?
高校生にとって最も気になるポイントの1つが、パパ活が違法じゃないのか?という点でしょう。
そもそも、法律では18歳未満が「児童」という定義になっているため、17歳以下の女子がパパ活をして大人と肉体関係を持った場合、相手のほうが児童福祉法に触れてしまい、見つかれば逮捕されることは知っておかなければなりません。
児童福祉法第34条1項6号及び第60条1項は「児童に淫行(いんこう)をさせる行為」を禁止し,10年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金,又は懲役と罰金を同時に科すと定めています。
引用元:パパ活・ママ活とは?実態や量刑について詳しく解説 | 中村国際刑事の弁護士
身分証が必要となるパパ活アプリなどの出会い専門サイトが18歳未満の登録を禁止としているのもこうした理由です。
18歳以上なら違法にならない
しかし、18歳以上であれば、食事やデートを楽しむだけであれば違法にはなりません。
また、肉体関係を持つ場合に不安視される「売春に該当するか」という問題についても、そもそも売春防止法による定義が「不特定多数を相手に肉体関係を持つこと」とされているため、1人のパパに絞っていれば「個人的な交際関係」と見なされて、罰則が適用されなくなります。
こういったところをしっかり理解した上で、パパ活を検討していくことが大切です。





リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました