キャバクラよりギャラ飲みの方が稼げる?安全性や稼ぎやすさ・自由度などを比較

女性の稼げる副業として人気があるキャバクラ。その一方で最近では、男性と一緒にお酒を飲むという点で似たところのある「ギャラ飲み」もメジャーとなってきています。
果たして一体どっちが稼げて、どっちの方がオイシイ仕事なのでしょうか?
ここでは、「キャバクラとギャラ飲み、どっちがいいの?」という疑問にお答えすべく、この2つを徹底比較しました。
キャバクラとギャラ飲みの違いを比較!
キャバクラとギャラ飲みを5つの項目を比べて、どっちがより良い副業なのかという結論を出していきたいと思います。
キャバクラとギャラ飲み、始めやすいのはどっち?
まずはどっちが始めやすいかということで、キャバクラとギャラ飲みそれぞれの始めるまでの流れを比較していきましょう。
・キャバクラ
①働くお店を決めて面接を申し込む
②お店の人と相談をして時給・シフトなどが決定
③体験入店
④本入店
・ギャラ飲み
①利用するギャラ飲みサービスに申し込む
②面接審査を通過して利用開始
③オファーがあれば即ギャラ飲みに参加
ギャラ飲みは始めるにあたって全部がネットで完結し、スピード感は抜群。今すぐにも始めたいのであればギャラ飲みでしょう。ただし、ギャラ飲みはキャバクラよりも面接審査がかなり厳しいところが多いという側面も。最も手っ取り早いのは、面接審査がないタイプのギャラ飲みサービスでしょう!
キャバクラとギャラ飲み、稼げるのはどっち?
・キャバクラ
-時給…2,000~10,000円
-出勤時間…5時間程度
-出勤日数…週1~(シフト制)
-特別手当…延長料金、指名料
-引かれ物(経費)…ヘアメイク代(1,000~2,000円)
(店によってはレンタル衣装代・送迎費がかかることも)
・ギャラ飲み
-時給…3,000~20,000円
-出勤時間…2~4時間
-出勤日数…完全自由
-特別手当…延長料金、指名料、深夜手当
-引かれ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました