パパ活のお手当はいくらから確定申告が必要?なぜバレる?脱税のリスクとは

パパ活
「パパ活でお手当をもらったら税金を納めなきゃダメ!」
そんな話、パパ活女子ならどこかで一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか?
でも税務署で「パパ活の手当はどうやって納税すればいいですか?」なんて聞くわけにはいきませんし、納める必要はないと言う人もいますし、情報が錯綜して困っている人も多いはず。
ここでは悩めるパパ活女子たちに向けて、パパ活でもらったお手当に確定申告や納税が必要なのか、パパ活と税金の気になる関係について徹底的に解説をしていきますね。
パパ活で稼いだお手当に確定申告って必要なの?
まずハッキリさせておきたいのが、パパ活でのお手当は「課税対象」です。
金額に応じて税金を納める義務が発生します。名目は「贈与」。つまりは生前相続などの話でよく聞く「贈与税」を支払うことになります。
※贈与税とは|参考(国税庁)
 贈与税と所得税の違いとは
»贈与税について
「贈与」の金額に応じて納める税金が「贈与税」。個人から個人へ、お互いの同意のうえで財産を譲り渡されることが「贈与」です。「贈与」は税法上、労働の対価として得る収入とはまったくの別物として考えることになります。
»所得税について
1年間で得た「所得」の金額に応じて納める税金が「所得税」。「所得」とは仕事やバイトで得た収入がメインですが、預金の利子・株の配当金・不動産から得た家賃収入・競馬の払戻金など、ありとあらゆる場面で入ってくるお金のことを指します。乱暴な言い方をすれば、「贈与」じゃなければ大体「所得」だと考えていいでしょう。
パパ活とチャットレディの税金の違い
・パパ活→贈与税
・チャトレ→所得税
上記のとおり、課税される税金の種類がちがいます
パパ活は110万円までは非課税で申告なしでOKです(・ω・ゞ#パパ活
— ネットで生活する女の子 (@net_lady_net) August 29, 2019

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました