パパ活で「ホ別」を使うのは業者?ホ別の意味や相場・ホ別2でパパ活していけない理由について解説

パパ活
パパ活に興味はあるけど、独特の隠語はよくわからなくてどうやって交渉すればいいのかわからない!
そんなパパ活女子候補生も多くいることでしょうし、なかなか人に聞くわけにもいきませんよね…。
ここでは、時々目にする隠語「ホ別」について疑問をスッキリ解決!
「ホ別」の解説だけでなく、「ホ別」という言葉に関する注意点や持っておくべき知識を詳しくレクチャーしていきます!
パパ活の「ホ別」って何?
「ホ別」というのは「ホテル代別」の略。お手当の交渉の際に、ホテル代を別にして〇万円出します・〇万円希望しますというやり取りで用いられます。


ニーナ


高額お手当に期待して会ってみたら、ホテル代込みの値段だと言われて、残るのはわずか数千円…なんてトラブルを未然に防ぐ便利なワードなんですね。


メモ
「ホ別苺」(ホテル代別で1万5千円)、「ドカタ2」(肉体関係アリで2万円)というように、出会い系などでの交渉の際には、こういった隠語が多用されます。
パパ活で本来「ホ別」なんて使わないのは本当?
早速話をひっくり返しますが、実は「ホ別」はパパ活用語ではありません。さらに言えば本来パパ活をするようなお金持ちパパが「ホ別」なんて言葉を使うのはまずないです。
メモ
元々「ホ別」という言葉は出会い系サイトで使われだした隠語。
援助交際を匂わせるようなやり取りを出会い系の運営側が規制し、NGワードに設定していったため、規制されない範囲で金額交渉をするために生まれた言葉なんです。
そんな経緯があるのと、お金持ちパパにとってはお手当をホテル代別で提示するのは当然なので、「ホ別」なんて言葉は使わないというわけです。
したがって、「ホ別」なんてワードを使う男性は、裕福でない可能性が高く地雷パパの可能性高し!


リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました