キャバクラの風紀の意味とはボーイと男女関係を持つこと!罰金100万を支払った事例も

キャバクラ・ガールズバー


キャバクラだけではなくクラブやガールズバーなどの水商売ではスタッフ同士の恋愛、すなわち風紀を禁止しているお店が多くあります。しかしスタッフ同士とはいえ男女である以上、自然と恋愛感情が芽生えてしまうときもありますよね。そこで今回は、キャバクラの風紀の意味や禁止理由、男女関係になりやすい理由を詳しく解説します。また実際に筆者が遭遇した風紀を破り罰金を支払ったボーイの体験談も紹介するので、風紀を破るとどうなるのか不安を感じている人は、ぜひ参考にしてください。

キャバクラの風紀とは同じお店のキャバ嬢とボーイが男女関係になってしまうこと

キャバクラの風紀の意味とは、キャバ嬢と店長を含めたボーイが男女関係になることです。一般の会社でも、社内恋愛を禁止している企業もありますよね。キャバクラで風紀を禁止している理由については後ほど詳しく解説していきますが、一般企業で職場恋愛を禁止する大きな理由としては、恋愛に夢中になりすぎて仕事が疎かになることが挙げられます。

しかし仕事仲間とわかっていても男女が長い時間一緒に過ごす環境であれば、恋愛感情が芽生えてしまうのも仕方のないことで、社内恋愛や職場結婚を経験する人が多いのも事実です。

キャバクラも同じで、風紀を厳しく規制しているにもかかわらず、ボーイとキャバ嬢が男女関係になってしまうケースは多々あります。実際にキャバクラで働いた経験がある人の中には、恋愛感情を抑えきれず風紀を破ってまで男女関係になっているスタッフを見たことがあるのではないでしょうか。

お店側がスタッフ同士の男女関係に対して厳しい罰則を設けても、芽生えてしまった恋愛感情を抑えることができず、隠れて風紀破りをしてしまうようです。ですが、キャバクラはスタッフ同士の男女関係について、特に厳しく規制しているお店が多いことで有名です。

例えば、風紀を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました