【まじで危険】割り切り(援助交際)で危ないと感じたこと!思わぬトラブル・体験談

パパ活
女性が簡単に大金を稼げる1つの方法として挙げられることがある援助交際。女性達と接する機会がない男性を対象にいろいろな行為を行い、代わりにお金をもらうという手段です。
出会い系での「割り切り」とは、男性に対していろいろな行為を行い、代わりにお金をもらう援助交際のことをいいます。
援助交際というのは、金銭的な余裕のある男性を捕まえられれば効率よく稼げはしますが、しかしながら援交本番の相場ほどお金をもらえなかったり、思わぬトラブルに巻き込まれ、後悔したという声も少なくありません。
そこで今回は、援助交際で危ないと感じた出来事について、体験談をあつめました。出会い系の割り切り(援助交際)にはどんなリスクがあるのか、ぜひ目を通してください。
実際にあった援助交際で危ないと感じたこと
TwitterなどのSNSは、ほぼ出会えない
簡単にアカウントを作れるのでTwitterで募集してみたんだけど、写真を送ってとか卑猥なメッセージばかり届いてみんな会う気もお金を払う気も0という印象。効率悪いですね。
割り切り(援交)の相手を探そうとしたら、どこで男性と出会うかから考えなければなりませんが、だれしも気軽に利用可能なSNSを使って募集しようとします。
身元確認不要で匿名性の高いサービスということで、やり取りには確実性がなく、待ち合わせをしたけれども相手が来なかったり、ドタキャンはよくあります。


ニーナ


そもそも本気でマッチングする気のない男性からいたずらにメッセージが届くのみで、条件にあう男性と出会えたという声が聞かれません。


盗難にあったり支払いなくヤリ逃げされた
大人の関係なしのつもりだったけれど、お礼を弾んでくれるというから許したのに、トイレに行ってくるといったまま帰ってこなかったんです。ヤラれ損で

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました