【画像解説】キャバクラでよく使うハンドサイン11個|簡単に覚えられる方法も紹介

キャバクラ・ガールズバー


黒服(ボーイ)に今何をして欲しいのかを伝えるハンドサイン。騒がしい店内でもスムーズに伝えられる・お客様との会話を途切れさせずに済むなど、ハンドサインを覚えるメリットはたくさんあります。キャバクラで働くのなら必須知識と言えるでしょう。

今回はそんなキャバクラでよく使うハンドサインを12個ご紹介します。

簡単に覚えられる方法もご説明しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。(*注意*お店によってハンドサインの形が多少変わる場合があります。)

キャバクラのハンドサインとは?マスターして仕事をスムーズにこなそう!

ハンドサインはスムーズに営業を行うために欠かせないものです。例えば騒がしい店内で、黒服に向かって大声で「おしぼりお願いしま~す!」と叫ぶ行為は、キャストとして美しいものですか?お客様の目に下品に映らないでしょうか。

他にも場内指名を頂いたのに、それを黒服に告げるタイミングが遅くなったとします。そうすると「次はあのフリーのお客様に付いてもらおう」と算段していた付け回しを台無しにしてしまうでしょう。

キャストとして最初に覚えるべきは、接客術よりもハンドサインが先なのです。これからご紹介する12個のハンドサインをマスターすれば、お客様にも黒服にも迷惑をかけず、かつ上品な仕草で思いを伝えられるため自分の評価も下げません。キャストとして一人前になりたいのであれば、1日も早くハンドサインを覚えましょう。

キャバクラで覚えるべきハンドサイン11個

それでは早速、キャバクラでよく使われるハンドサインをご紹介していきたいと思います。いずれも”それ”を連想させる形をしていますので、意味さえわかれば覚えるのもそう難しいものではありません。やりながら覚えてみてくださいね。

「灰皿」両手を使って丸マーク



灰皿のハンドサイン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました