キャバ嬢の仕事内容とは?やりがいや辛いことTOP5を教えます

キャバクラ・ガールズバー


「私なんかでもキャバ嬢の仕事って出来るのかな…」と、自信の無さから踏み出せない人は多いです。私自身、始める前は不安で一杯でした。しかしキャバ嬢とは決して「見た目の良い子が座ってる仕事」ではありません!この記事でお伝えする具体的な仕事内容・やりがい・辛いことを事前に知っておけば、スムーズなキャバ嬢デビューが出来るはず。今は自信が無くとも、丁寧に仕事をすれば人気も高収入も得られるようになりますよ!

キャバ嬢の仕事内容とは非日常の提供

メイクもドレスアップも、お客様を立てる接客も、すべては「非日常の提供」です。「なぜ男性はキャバクラに行くのか?」を考えてもらえば分かるのですが、結局はみんな非日常を味わいたくて来店します。

例えば自宅では肩身の狭いお父さんかもしれませんし、仕事はうだつが上がらないサラリーマンかもしれません。しかし店ではそんな現実を一時でも忘れ、きれいな女の子たちとお酒を飲んだり褒められたりしたいために、キャバクラに通うのです。

キャバクラが高いのは、店内の雰囲気やキャストの給料も含めた、お客様が望む非日常を作り上げるため。お金持ちのお客様も、「非日常にお金をかける」ステータスやプライドを満たすために来店します。

もちろんお客様のほとんどは、翌朝には現実に戻り、一度会っただけのキャバ嬢の顔など忘れてしまうでしょう。そこからまた何度でも非日常にお金を払ってもらうため、キャバ嬢は「営業」や「同伴」などの細かい仕事をこなすのです。

「座ってニコニコするだけで稼げる」とイメージされがちなキャバ嬢の仕事ですが、ニコニコしているだけの子に、何万円も払い続けたいと思うお客様がどれ程いるでしょうか?キャバ嬢は、一人ひとりのお客様と丁寧に向き合い、相手のニーズに答える接客術が必要な難しい仕事です。

とはいえ最初から完璧にできるキャバ嬢

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました