クラブとキャバクラの違いとは?ママの有無と接客対応人数

キャバクラ・ガールズバー


水商売で効率よく稼ぎたい!と考えたときに、キャバクラがいいのかクラブの方が稼げるのか悩む人は多いと思います。しかし安易な考えで選択してしまうと、自分に合わない方を選んでしまう場合があり、大きなストレスを抱えることにもなりかねません。そこで今回は、キャバクラとクラブの違いについて詳しく解説していきます。違いを知って、自分に合った働き方ができるのか検討してみましょう。

高級クラブとキャバクラどっちが好き?それぞれのいい所を聞いてみた

キャバクラとクラブの違いを解説する前に、高級クラブとキャバクラに現役で在籍している人にそれぞれのいい所を聞いてみたので、紹介します。現役で在籍している人の意見なので、とても参考になるお話が聞けました。それでは、詳しく見ていきましょう。

高級クラブ派の人の意見

キャバクラからステップアップして銀座の高級クラブに移籍したAさん(30歳)

高級クラブのいい所は、紳士的で落ち着いた飲み方をするお客様が多いことです。キャバクラで働いていたときは20代~40代の比較的若い年齢層だったこともあり、場を盛り上げるトークやテンションが必要でおっとりした私にはストレスでした。その点、高級クラブは大抵のお客様がのんびり静かに飲む傾向なので、自分らしい振る舞いで接客できるところが気に入ってます。

高級クラブの在籍年数が10年のベテランホステスBさん(40歳)

18~22歳までキャバクラで働いて結婚を機に辞めたのですが、28歳で離婚することになり子ども1人を抱えるシングルマザーです。離婚当初は昼間の仕事をしていたのですが、長時間働く割には稼げなくて再び水商売で働くことを決意。30歳という年齢もあり、高級クラブに在籍することを選びました。高級クラブのいい所はホステスの年齢層が高く40歳になった今でも違和感なく在籍できること。指

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました