ガールズバーの経費、どこまで落とせる?経営者やキャストの経費、飲食代は…


ガールズバーを経営するなら、経費にあたるものとそうでないものの違いを知っておく必要があります。経費にならないものを経費としてしまうと、税務署によってペナルティを科せられることがあるため、注意が必要です。
そこで今回は、ガールズバーの経費はどこまで計上できるのかについて解説していきます。
ガールズバーの経営者が経費計上できるものとは?
まずは、ガールズバーの経営者が経費計上できるものについて紹介します。
①水道光熱費
ガールズバーの店舗営業において、毎月かかる水道代やガス代、電気代といた水道光熱費はもちろん経費として計上できます。
②仕入れ代
ガールズバーで提供する食材や酒類、備品などを仕入れる際にかかる費用も、経費として計上することができます。
③家賃
ガールズバーの店舗として使用している物件の家賃は、経費計上できます。もし、ガールズバーの一部を住居として使用している場合には、事業用部分と家事部分とで按分してから、事業用部分のみにかかっている家賃を経費計上することが可能です。
④通信費
インターネット代や電話代、切手代などの通信費も経費計上できます。
⑤人件費
ガールズバーのキャスト(従業員)に支払う給料は、経費として計上できます。
従業員を雇って給料を支払う場合には、あらかじめ税務署への届出が必要となりますので、給料の支払いが開始されて1ヶ月以内に、管轄の税務署まで届出しましょう。
また、家族など身内にお店を手伝ってもらって、報酬を支払った場合には、「お小遣いをあげただけ」とみなされ、経費計上できない場合もあります。
⑥広告費
ガールズバーのキャストなど、スタッフを募集するために求人広告を掲載したときの広告費も、経費として計上が可能です。
⑦開業費用
ガールズバー店舗の内装工事費や家具、家電の購入費用、看板設置費用など、開業時にのみかかった費用も経費計上可能です。
⑧損

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました