ガールズバーの開業資金はどれくらい必要?物件取得費や設備投資費


これからガールズバーを開業したいと考える方にとって、一番気になるのはお金の話ではないでしょうか。
今回はガールズバーの開業にどれくらいの資金が必要なのか、物件の取得にかかる費用や設備投資費用、運転資金としてはどんな費用を用意すべきなのかなど、ガールズバーの開業資金について解説していきます。
 
ガールズバーの開業にはどんな資金が必要?
ガールズバーを開業するにあたって必要となる資金は、大きく分けると次の3種類です。
 
物件取得費:物件の契約にかかる保証金、礼金、仲介手数料など
設備投資費:外装工事や内装工事、厨房設備や冷暖房設備など
運転資金:人件費、広告費、仕入れなど
 
これらにかかる金額を合計して、ガールズバーの開業資金がいくら必要なのかを検証していきましょう。
ガールズバーの開業に必要な物件取得費
ガールズバーの開業で、まず必要になるのが物件取得費です。
物件取得費とは、ガールズバーを開店する物件を契約する際に必要な保証金や礼金、仲介手数料などの費用のことです。保証金とは、賃貸住宅を借りるときの敷金と同じで、飲食店の保証金は賃料の6ヶ月から12ヶ月ほどが相場となります。
関東地方で最寄り駅徒歩圏内のガールズバー物件を探すなら、20万円~40万円程度の家賃が相場でしょう。礼金や仲介手数料は家賃の1ヶ月から2ヶ月分が相場で、入居時には前家賃の支払いも必要になります。
例えば家賃25万円の物件でガールズバーを開業する場合、必要な物件取得費は次の通りです。
 
保証金:150万円
礼金:25万円
仲介手数料:25万円
前家賃:25万円
合計:225万円
ガールズバーの開業に必要な設備投資費
開業に必要な資金として、続いては設備投資費について解説します。
設備投資費とは、その名の通り、店舗の設備投資に対してかかる費用のことで、内装工

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました