キャバクラでセクハラを回避するテクニック4選!相手に嫌な気持ちにさせずノラリかわす

キャバクラ・ガールズバー


「キャバクラで働き始めたけどセクハラがしんどい…」と感じていませんか?10年間キャバクラ・水商売の世界にいた私も同じストレスを抱えていたのでよく分かります。キャバクラにセクハラは付き物ですが、「セクハラされて当たり前」ではありません!セクハラの度合いによって対応を変えるのが大切ですよ♪今回は私が培ってきたセクハラ回避テクニックを伝授しますので、使ってくださいね。上手にお客様を育てていきましょう!

キャバクラにセクハラは付き物|上手く回避すればある程度は避けられる!

「キャバ嬢になったんだから、これくらい我慢しなきゃ……」と思ったり、「分かっててキャバクラで働いてるんでしょう?」と言われたり。確かに、キャバクラにセクハラは付き物です。

女性の性的な魅力を売りにしている部分もありますし、下心を持ったお客様が多いのも要因でしょう。しかしキャバクラでのセクハラは、決してOKされていません!

キャバクラはお触りOKの風俗店とは違いますので、ルールとして禁止されています。さらに当然キャバ嬢にも人権があるため、「セクハラされても我慢して当然」なんてあり得ないのです。

とはいえキャバクラの成り立ちや営業スタイルを考えると、どこまでのセクハラを許容すべきか?どこからハッキリとNOと言っていいのか?その線引きが難しい点で、特に新人さんは戸惑ってしまいがち。

まずは一般的なキャバクラで許容されている範囲を覚えておきましょう。

手を握る(触る)会話に下ネタ膝に手を置く見た目への言及(胸が大きいなど)

残念ながら、上記にあるようなセクハラはある程度諦めなければなりません…。もちろん今後時代と共に変わる可能性はありますが、現状では「手を握られるのも無理!下ネタも無理!」と感じる方にキャバクラは向きません。

一方で、ハッキリNOと言うべきセク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました