いちゃキャバって本当に稼げるの?普通のキャバクラとの違いなどについて徹底解明

http://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2021/11/38962_01.jpg[pcImgEnd]http://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2021/11/38962_01.jpg[spImgEnd]高収入を得たいと考える女性にとって、選択肢の一つとなるキャバクラ。ナイトワークの業界には様々なスタイルのお店があり、最近ではキャバクラから派生したお店として「いちゃキャバ」と呼ばれるお店が増えています。
名前を聞いただけでは、普通のキャバクラとどう違うのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。
今回は、いちゃキャバと普通のキャバクラの違いや、イチャキャバで働くメリット・デメリットなどをまとめます。
仕事内容をしっかりと理解しておかないと、働き始めてから「考えていたのと違った」となってしまうので、両者の違いを知っておきましょう。
「いちゃキャバ」と「キャバクラ」の違いとは?
基本的な接客の流れはキャバクラと共通していますが、実際にお客様と触れ合う時の内容が異なります。
キャバクラといちゃキャバの最も大きな違いは、「ボディタッチの有無」です。
キャバクラではボディタッチは原則禁止とされています。対して「いちゃキャバ」は、お客さんからおさわりされることを前提とした店舗なのです。
触れる箇所も、普通のキャバクラでは肩や太ももに軽く手を置く程度ですが、いちゃキャバの場合は服の上からではありますが、触ってOKとされています。
お店によってはキスまで可能とされているところもあるなど、普通のキャバクラよりもより肉体的なサービスが求められます。
ただ、店内の通路には男性スタッフが待機しているため、お客さんから無理やりNG行為を迫られる心配はありません。不安な人、触られたくない部分がある人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました