キャバクラのスカウトって本当に信用して大丈夫?メリットやデメリットを解説!

http://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2022/01/shutterstock_1155512815.jpg[pcImgEnd]http://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2022/01/shutterstock_1155512815.jpg[spImgEnd]町を歩いていると「キャバ嬢に興味ありませんか?」と声をかけられたことはありませんか? 夜のお仕事を紹介するスカウトマンは人生を変えてくれるような優秀な人もいれば、ナンパに近い人もいます。今回は、そんなスカウトマンについてまとめました。
そもそもキャバクラのスカウトとは?
まずは、スカウトマンについて説明します。
キャバクラでは、お店ごとにコンセプトや求める女の子のタイプが異なります。ですから、キャバクラが女の子の求人募集をかけたとき、確実に求めている女の子が来るとは限りません。そんな時に活躍するのが、スカウトマンなのです。
スカウトマンの収入源は、女性をキャバクラのお店に紹介した「紹介料」です。スカウトマンは、街を歩いている女の子に声をかけ、キャバクラなどの夜のお仕事に勧誘します。お店側の求めるタイプの女の子を紹介し、女の子側も安い時給ではなくより良い条件で働けるようにするのが仕事なのです。
つまり、スカウトマンはお店と女性をマッチングさせる「仲介業者」のようなものといえるでしょう。
キャバクラのスカウトマンはどんな人に声をかけるの?
キャバクラのスカウトマンはどんな人に声をかけるのでしょうか。スカウトするのはお店が求める女性です。お店側は一定の条件を提示してくるでしょうから、それに適した女性に声をかけることが多いです。
それでは、どのような女性に声をかけることが多いのでしょうか。
 
ブランドバックを持って

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました