体験入店はどんなことをするの?体験入店のお仕事内容丸わかりガイド!

http://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2022/01/shutterstock_1582409008.jpg[pcImgEnd]http://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2022/01/shutterstock_1582409008.jpg[spImgEnd]「自分はナイトワークに向いているの?」「働くお店の雰囲気は自分に合っている?」など、初めてのナイトワークは不安がいっぱいです。そんな方にお勧めしたいのが、夜のお仕事の求人広告でよく目にする「体験入店」です。今回は、夜のお仕事を始める際に欠かせない体験入店の仕事内容について紹介します。
体験入店(体入)とは、どんなことをするの?
多くのキャバクラで導入されている体験入店(体入)とは「実際に入店する前にお試しでお仕事をすること」です。もともと体験入店とは採用のミスマッチを防ぐために作られた制度で、お店側にも求職者側にもメリットがあります。
体験入店をしているときは、売り上げよりもお店の仕事を確認したり、一緒に働くキャバ嬢やボーイたちの雰囲気を知ることを優先しましょう。面接だけでは拭えない不安や分からない事も、体験することで全てを確認して「このお店で働けるか」ということを判断できます。
体験入店の期間は1日~数日で、働いた分のお給料はその日に支払われることが多いです。体験入店をしたからといって、その後必ずそのお店で働かなければならないわけではありませんので、安心してくださいね。
まずは体験入店で実際の雰囲気を感じてみましょう!
体験入店の仕事内容
体験入店では、先輩キャストのヘルプとして、実際に接客のお仕事をします。
ヘルプとは、お客様が指名したキャバ嬢さんがほかのテーブルにいる時に、お客さまが退屈しないように「つなぎの接客」

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました