キャバクラの本入店の上手な断り方とは?自分に合わないお店では働かなくてOK!

http://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2022/01/shutterstock_790043263.jpg[pcImgEnd]http://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2022/01/shutterstock_790043263.jpg[spImgEnd]キャバクラで長く働くために、お店選びを慎重に行うことはとても大切ですよね。体験入店を通じてお店の空気を知って、体入後にお店が合わないと感じたら勇気を出して断ることも必要です。そこで今回は、どうやって本入店を断ればスムーズかを解説します!
本入店と体験入店の違い
キャバクラを始めるとき、気にしたいのが「体験入店」と「本入店」の違いです。
「本入店」とは、キャバクラに在籍して、そこの専属キャバ嬢になることです。本入店になれば、キャバクラは歩合制のところがほとんどのため、頑張った分だけ稼げるようになります。
体験入店とは、本入店をする前に実際にお店で働き、そのお店の雰囲気や客層などを知れる制度のことです。体験入店は通常より時給額が安く設定されていることがほとんどですが、働いてみないとわからない部分を知れるので、いきなり本入店をするより前に、体験入店をしておいて損はないでしょう。
キャバクラの体験入店は、実際にお店の空気感をチェックできるいい制度です。とはいえ、何度も行うと疲れてしまいますよね。そのため、体入するお店選びから慎重に行う必要があるのです。
体験入店後は必ず本入店しなければならない?
体験入店では、基本的に最初に簡単な面接があります。その後、実際に仕事をし、勤務時間が終了したら店長と今後の方針を決めるための面談をするのが一般的。そこで合格か不合格か伝えられ、あなたは本入店するか決めることになります。
しかし、「体入してみ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました