ラウンジってどんなお仕事をするところ?「ラウンジ」の仕事内容とは

http://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2022/03/shutterstock_246119302.jpg[pcImgEnd]http://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2022/03/shutterstock_246119302.jpg[spImgEnd]「ラウンジ」の名前を知っていても、どんな場所なのかよく分からない方も多いのではないでしょうか。「ラウンジってどんなところ?」「どんなお仕事をするところ?」などの疑問を持っている方もいるでしょう。今回はそんな方のために、ラウンジとはどんなところで、何をするのかについて解説します。
ラウンジはどんなところ?
そもそも「ラウンジ」は英語でLoungeと書き、「社交室」「談話室」という意味の言葉です。ラウンジスペースといえば、ホテルや劇場、また空港などに設置されているのが一般的ですよね。
では、夜のお店の「ラウンジ」はどんな場所なのでしょうか。簡単にいうと、ラウンジはクラブとスナックバーの中間的な接待飲食店です。クラブよりカジュアルな雰囲気、キャバクラよりラグジュアリーな雰囲気でお客様をおもてなしします。
ラウンジでは、広い敷地を持つことが多く、ゆったりとした座席スペースに座り、わいわい呑むというよりは少人数でゆったりお酒や会話を楽しみます。キャバクラと違い、お客様の年齢層が高めで落ち着いた人が多いので、働いている女の子も落ち着いた方が多い印象です。働いている女の子の年齢層は、20代〜30代前半が多いです。
ラウンジでの仕事内容
ラウンジがどんな場所なのかおおむねわかったところで、次にラウンジではどんな仕事をするのかを見ていきましょう。ラウンジの仕事は、大きく分けて3つです。それぞれ詳しく見ていきます。
お客さんと話す
ラウンジの主

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました