熟女キャバクラとは?アナタらしくいられる環境でお仕事しよう

http://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2022/03/shutterstock_1582409137.jpg[pcImgEnd]http://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2022/03/shutterstock_1582409137.jpg[spImgEnd]数年前から人気が高まっているといわれる熟女キャバクラ。「熟キャバって何?」「どんな人が働いてるの?」など、疑問がある人も多いでしょう。そこでこの記事では熟女キャバクラとはどんなところか、どれぐらいの年齢から熟女キャバクラで働くことができるのかなどを解説していきます。
熟女キャバクラとは?
熟女キャバクラとは、簡単に言えば20代後半から40代、50代の、いわゆる熟女と呼ばれる女性がキャストをつとめるキャバクラのことです。「熟キャバ」と略されることが多く、10代後半から20代前半の若い女性がメインをはる一般的なキャバクラとは一線を画しています。
熟女キャバクラの人気に火が付いたのは、若者のキャバクラ離れが目立つようになったここ最近のこと。利用者に中高年が多くなったことで「若いキャストの女の子に気を遣う」ようになり、現在も続々と熟女キャバクラがオープンするほどの人気になったのです。若い世代にはない熟女の持つ魅力を満喫できるのが、熟女キャバクラと言えるでしょう。
熟女キャバクラは一般的なキャバクラよりも料金がリーズナブルなのも特徴の一つ。そのため、普通のキャバクラとは少し時給が異なります。普通のキャバクラは3000円ぐらいが相場となっていますが、熟女キャバクラの相場は2500円ほどのところが多いです。
とはいえ、お客様の料金システムや女の子の給料システムはほとんどキャバクラと同じなので、頑張れば時給も上がりますし、普通に働くより

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました