朝キャバとは?昼キャバとは?仕事内容や客層などを徹底分析!

http://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2022/03/shutterstock_1438932410.jpg[pcImgEnd]http://luline.jp/magazine/wp-content/uploads/2022/03/shutterstock_1438932410.jpg[spImgEnd]キャバクラといえば、夜にお酒を提供するお店を思い浮かべる人が多いはず。夕方や夜間に開店している一般的なキャバクラとは異なり、朝キャバや昼キャバは朝やお昼頃に開店しています。今回は、朝キャバや昼キャバとはどのようなお店なのか、仕事内容や客層などを徹底分析していきます。
朝キャバや昼キャバとは?
朝キャバや昼キャバは、営業時間が夜ではないキャバクラのことです。
朝キャバ:5~7時に開店、お昼過ぎ頃までの営業
昼キャバ:お昼頃に開店して夕方までの営業
夜に事情があって働けなかったり、キャバクラで働いているのがバレたくなかったりする女の子が働いています。子供がいる女の子も少なくないので、子育ての相談や子供の成長を一緒に話し合えるのも昼キャバ・朝キャバならではと言えるでしょう。
給料は夜に比べて低めになりますが、ノルマを設定している朝キャバや昼キャバはあまりなく、夜に比べて落ち着いた雰囲気で働けるのが特徴です。
夜のキャバクラに比べるとお客様の入りは多くありません。また、客層も夜のキャバクラと少し異なります。一般のサラリーマンよりもホストクラブの従業員、夜キャバのボーイ、また飲食店の従業員など、夜のお店で働く人が遊びに来ることが多いのです。
朝キャバ・昼キャバの服装とメイクは?
朝キャバ・昼キャバは、夜キャバとは服装・メイクは異なるのでしょうか。ここでは、夜キャバの服装・メイクと、朝キャバ・昼キャバの服装とメイクを比較していき

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました